« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

■『北アルプス風っこ』とDD16■

先週の土、日と大糸線の松本~信濃大町間で「風っこ」を使用した「北アルプス風っこ」が1日2往復ずつ運転をされました。

所用の関係で土日の午前中の上り列車のみの撮影しかできませんでしたが、両日ともに天候に恵まれ、のどかな景色の中を行く「風っこ」を多くの撮影者が撮影する姿が見られました。

午前中の上り列車は安曇追分駅で側線に入る為正面から撮影できると言う事で安曇追分駅へ向かいました。
Img_8163 Img_8170 Img_8218
その後、追いかけて島内駅の先で撮影できそうだったのでもう1カット。
Img_8247
その後はおとなしく所用へ。。。

その夜…。
土曜日の朝の「風っこ」の送り込みは松本まで、日曜日夜の「風っこ」の返却回送は松本からDD16の牽引で行われると言う事でしたが、どこの駅も真っ暗なので撮影は無理と判断し、大人しく単機回送のみ撮影を。
土曜日から日曜日までは塩尻大門へ留置されました。
Img_8284 Img_8309
塩尻大門はフェンスが立ってしまいましたが、フェンスの隙間から撮影できる位置に停車していました。
発車1時間ほど前からスタンバっていましたが始業点検中で機械室内はライトが点いていました。
前照灯の点灯を期待しましたが発車数秒前に点きました。

本日の更新は以上になります。
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

■信越ラッセル試運転+α■

先週の22・24・25日に信越山線の直江津~黒姫間でDD14を使用したラッセル車の試運転が行われました。
22日は夜勤明け、25日は代休だったので2日間知人らと一緒に撮影に出かけました。

■11月22日 試雪9374レ~試雪9375レ
この日は朝7時前に長野を出て一路直江津へ。
直江津に着くと既に出区が済んでいて出発待機中でした。
発車までの間に色々な列車と顔を合わせました。
Img_6933 Img_6947 Img_6950 Img_6951

Img_6960
発車時刻になりゆっくりと直江津構内を後にしました。

その後、新井でOM編成が代走している妙高との並びを撮影し、関山の定番へ向かいましたが既に大勢の方がいたので側面と冠雪した山をバックに撮影しました。
Img_7036 Img_7050

関山停車中に移動し、妙高高原手前の水路橋へ。
Img_7071
その後、黒姫で折り返しの為長時間停車するので代走の妙高を撮影しに黒姫のお立ち台へ。
Img_7095
撮影後は黒姫駅へ向かい停車中のDD14を撮影しました。
Img_7128 Img_7170
発車を待たずに黒姫~妙高高原間の高速の下へ移動。
Img_7340 Img_7343 Img_7351
時間の関係で下りはここのみの撮影となりました。
帰りがてら古間手前の撮影地で代走の妙高をドカンと。
Img_7362
だいぶカツカツですが…。
この日はこれで撤収となりました。

■11月25日 試雪9374~試雪9375レ
この日は22日とは天候が大違いで雨や雪が舞う1日でした。
朝6時半前に長野を出て直江津からスタート。
ちょうど出区前でした。
Img_7445 Img_7457 Img_7549
据え付けを見てから発車を待たずに撮影地へ。
その前に…。
Img_7603
直江津駅北側の踏切で81をドカンと。
その後は試雪の追っかけを。。。
撮影枚数が結構あるのでその中からいくつかをアップします。
Img_7637 Img_7657 Img_7679
Img_7834 Img_7812 Img_7724
Img_7886 Img_7902_2 Img_7908_2
その後、風っこの回送と115系新潟車の入場回送があると言うので黒姫のお立ち台へ。
Img_7925
115系新潟車の入場回送は遅延していた為見送り、下りの試雪の撮影へと向かいました。
Img_7940 Img_7946 Img_7951
Img_7965 Img_7986 Img_7999
Img_8049 Img_8085 Img_8094 
その後、直江津の入区に間に合うかと思いましたが、道路が混雑していた為間に合わず、上越インター付近のラーメン屋さんで遅い昼食を取り身体を温めてから長野へと戻りました。

撮影に行かれた皆様、撮影地でお会いした皆様、お疲れ様でした。
車の運転をして頂いたM様、ありがとうございました。

本日の更新は長くなって申し訳ごぜいませんが以上になります。
最後までお読み頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

■213系回送■

一昨日は夜勤明けで休みでしたが、15日より松本車両センターにて乗務員訓練の為に来ていた213系が回送されると言う事で松本駅構内にて撮影をしてきました。
以前、中央東線の岡谷~茅野~辰野間でハンドル訓練が行われた際は自走にて回送をされましたが、一昨日は213系は無動力で313系に牽引される形で塩尻大門まで回送され、塩尻からは自走で回送をされました。

普段の松本車両センターからホームへ据え付ける方法とは違い、特殊な方法で入換が行われました。
まずは213系が留置されていた電留線から北松本方の北引上線へ移動します。
Img_6419 Img_6433 Img_6463 Img_6480

その後、北引上線から4番線へ313系が無動の213系を押し込みます。
Img_6513 Img_6529 Img_6541

<6>の停目に合わせて停車しました。
Img_6593 Img_6601

その後しばらくこのまま留置…
Img_6605 Img_6617
南小谷行きのあずさ3号らと並びました。

その後、到着した1827Mの車両を2番線→塩尻方下本→4番線と転線させ213系へと連結。
Img_6633 Img_6639 Img_6641 Img_6797
一時的に313系+213系+313系の6両編成になりましたが、連結後すぐに長野方の313系は解放されて実質4両と2両に分かれてしました。

Img_6785
発車を待っている間に「おはようライナー」や「妙高」を代走した183系OM102編成の返却回送が上って行きました。

Img_6686 Img_6821
OM102編成の後を追うように213系の回送も松本を出て行きました。
回9238M 松本

一旦塩尻大門構内に入り分割が行われました。
Img_6858
塩尻大門(敷地外より撮影)

213系は回送の為、短絡線ではなく一旦塩尻4番線へ。
Img_6878
塩尻大門~塩尻間

その後、自走にて回送されて行きました。
Img_6896_2
回98**M(?) 塩尻~洗馬間
走行音がやたら軽かったです。

昨日は14日から岡谷~茅野~辰野~岡谷間で主にハンドル訓練を行っていたもう1編成の213系の回送も行われたようです。

いよいよ119系の置き換えも秒読みと言ったところでしょうか?

本日の更新は以上になります。
長い更新になってしまいましたが最後までお読み頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

■皇太子殿下御乗用列車■

こんばんは。
昨日は夜勤明けでしたが退勤後支度を整えて知人のM様とみみかきゅん様と一緒に皇太子殿下の御乗用列車の撮影に出かけてきました。

当初は天皇陛下が山梨県で行われる『恩賜林御下賜100周年記念大会』に御出席される予定でしたが体調不良のため、皇太子殿下が名代として御出席されることになり東京~甲府間でE655系+TR車を使用した御乗用列車が運転されました。

撮影地には通過の2時間ほど前に到着しましたが既に70人近い撮影者がスタンバイしていてあ然としましたが何とか撮影者の間に入れて頂き場所を確保してアングル等の調整をしました。
撮影地には警備として京都府警の警察官が張り付いていましたがとても気さくな方でした。
東京を出た時点で日章旗や菊の御紋と言ったお召列車と同様の装飾がされている事がわかり次第に緊張してきました。
通過時間が近づくにつれ上空には警察のものと思われるヘリが何機か飛んでいたり京都府警の方も他の警備の警察官と頻繁に連絡を取り合っていました。
11時20分過ぎ、遠くから日章旗をはためかせた御乗用列車が近づくにつれて心臓はドキドキするし手は震えるしで大変でした。
Img_6290 Img_6304
9001M 御乗用列車
TR車はトリミングしました。

その後、予備編成として待機していたE257系M-102編成も後を追うように通過してきました。
Img_6327
回9401M 予備編成回送

御乗用列車通過後に警備をしていた京都府警の警察官が「ありがとうございました!」と言うと撮影者から拍手が沸き起こりそれにも感動しました。
普段滅多に見る事の出来ない列車を撮影出来て大満足の1日となりました。
M様、みみかきゅん様をはじめ御乗用列車を撮影された皆様、大変お疲れ様でした。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

■最近の撮影から■

こんばんは。
最近は撮影には出かけていたものの仕事などが忙しくなかなかブログの更新が出来ていなかったので最近撮影したものをいくつかアップします。

■11月7日 213系試運転
この日は仕事が半日だったのでお昼過ぎに退勤。
メールを見ると知人から「今日から213系の試運転がある」と言う内容のメールが来ていたので知人と合流して辰野近辺で213系の試運転を撮影しました。
Img_5593
回9435M 岡谷~川岸間
その後辰野折り返しですぐ上ると言う事で…。
Img_5603
回9436M 辰野~川岸間
この列車を撮影して知人を送り届け帰宅となりました。

■11月8~9日 313系・373系回送
この日は身延線用の313系8両の回送が夜あると言う事で夜勤前に岡谷へ。
Img_5664 Img_5673
回9430M 岡谷
寒い中多くの方が撮影に訪れていました。
その後夜勤を終えて退勤すると「373系の回送が下っている!」と言うメールが知人から来ていたので退勤後茅野へ。
走行写真も…と考えましたが編成写真を撮影したかったので駅撮りを。
Img_5710 Img_5778 Img_5781
配9431M 茅野
その後ダメ元で追っかけてみました。
Img_5833 Img_5852
配9894M 塩尻~洗馬間
何とか後追いのみ撮影できました。

■11月11日 姨捨開業111周年号・213系回送
この日は代休だったので朝から知人と一緒に姨捨開業111周年号の撮影に出かけました。
生憎の雨模様の中、姨捨公園で待機するものの…通過直前に濃霧が出てきて撃沈。
姨捨駅で駅撮りを。。。
Img_5984 Img_6004 Img_6066 Img_6099
回9412M 姨捨
平日にもかかわらず大勢の撮影者で賑わっていました。
その後冠着~聖高原のストレートへ。
Img_6123
回9412M 冠着~聖高原間
通過数分前に到着しましたがこちらも大勢の撮影者がいました。
長野道脇で回9411Mを撮影するもピン甘で撃沈。。。
何とか稲荷山~篠ノ井間に間に合ったのでこちらで撮影する事に。
Img_6164
9411M 稲荷山~篠ノ井間
濃霧の影響からか数分遅れて通過しました。
その後、7日から中央東線内で試運転を行っていた213系の回送があると言う事で塩尻へ。
Img_6201 Img_6198
回9876M 塩尻
塩尻に213系がいるのが物凄く違和感がりました。
この日はこれで帰宅しました。

■11月12日 あずさ51号
昨日は午前中のみ休みでしたのでいつもお馴染の塩尻駅先で国鉄色のあずさ51号を。
Img_6214
8051M 塩尻

各撮影地でお会いした皆様お疲れ様でした。
本日の更新は以上になります。
久しぶりの更新でしたのでだいぶ長くなってしまい申し訳ございません。
最後までお読み頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

■最近の撮影から■

久しぶりの更新となります。
最近は仕事が忙しかったり、市の消防団の活動で行方不明者の捜索に出たりとバタバタでなかなか更新する機会がありませんでしたので最近撮影したものをアップします。

■10月29日 
この日は朝から身延線の313系の迂回回送があると言う事でしたが撮影できず。。。
下諏訪から神城まで走る団体列車にヘッドマークが付いていると言う事で撮影に出かけてきました。
Img_5097 Img_5103 Img_5142
9533M 『フォーク夢列車』
車内ではギターの演奏に合わせ乗客が歌を歌ったりしていました。

■11月1日~2日
この日は身延線の313系7両の回送があると言う事で夜勤前に岡谷駅へ。
甲府方からN8+V3+V13編成が回送されてきました。
普段見る313系は長くて3両なので7両は見ごたえがありました。
塩尻方では飯田線の119系と顔を合わせる光景が見られました。
Img_5263 Img_5271 Img_5274
回9430M 岡谷

夜勤を終えて今度は甲府から名古屋へ向けて313系8両の運転があると言う事で岡谷へ。
N1+N10+V4編成で組成され、中間のN10編成は無動力扱いの為、白色の側灯が点いていました。
Img_5311 Img_5503 Img_5517
配9431M 岡谷
普段見る事の出来ない編成と言う事もあり、両日ともに大勢の撮影者が訪れていました。
珍しく塩尻大門の短絡線が使用されたので短絡線付近での撮影もしたかったのですが撮影できず…。

撮影後は帰宅せずに前日より行方不明となっていた自殺志願者の捜索要請が掛ったので捜索へ…。
お昼過ぎに山裾の溜め池にて発見されましたが残念な結果となってしまいました。
1人の身勝手な行動で警察や消防、地域の方々が総動員で捜索にあたる光景を見て自殺と言う行為がどれだけ人に迷惑がかかるかを捜索に当たった1人1人が感じた事と思います。

本日の更新は以上になります。
最後までお読み頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »